牡蠣のチカラα

GMPマークとは

サプリメントが世界中で認知されてある程度の年月が経過したことで、サプリメントの粗悪品も出回るようになりました。
サプリメントのように、錠剤やカプセル状のものは、1錠1錠がその製造過程で、濃縮や混合の作業が異なると品質に差がでてしまいます。

 

例えば、メーカーが【亜鉛が1錠についき50mg入っています】と謳っていても、ある錠剤は50mgだけどある錠剤は10mgだったり100mgだったりと
大量生産する事で製造工程が一律でないとどうしても成分量にばらつきがでてきたのです。

 

又、錠剤の大きさやカプセルに注入される量などにもばらつきがおこり安全性に疑問を感じる人が増えてきました。

 

さらに、工場内の環境が整っていない場合、汚染により有害物質が混入したりする可能性もでてくるため、製品の安全性と品質保持の点から

 

製品 が「安全」に作ら れ、「一定の品質」が保たれるようにするための製造工程管理基準GMOが定められることになりました。

 

よってGMOの基準をクリアした商品にはGMOのマークを付けることができるため、消費者が商品を選ぶ時の安全と品質の指針となっています。

 

国際的にもGMPの義務化や自発的な取り組みが推進されています。